探偵を依頼する場合に知っておきたい注意点 - 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

探偵を依頼する場合に知っておきたい注意点 | 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

alt_02

探偵を依頼する場合に知っておきたい注意点

探偵は不倫をしているか否かの調査のみならず、特定の人間を探し出す人探しも行っています。初めて恋をした人や失踪した人などを探す場合に人探しをしてくれるというのは有難いことだと言えます。捜索願を出しても警察がなかなか動こうとしなかった場合でも探偵は役に立ちます。ただ、利用するにあたって注意点が存在するのでそれを知った上で依頼することが重要です。

生きているか否かの境目の期間と警察が携わるケース

特定の人間の行方が分からなくなった時は、すぐにその人を探すのが適切だと言われています。これには理由があり、失踪してから長い年月が経過すると発見できる可能性が低くなるからです。また失踪した人が生きているかどうかの境目になる期間は七日だとされています。ちなみに家出の場合、その期間内であれば発見されたり、自分から家に帰ったりすることが多いです。警察も失踪した人を探し出してくれる場合がありますが、探してくれるケースは重大なトラブルと関わりがある場合などだとされています。誰かによって生命が脅かされている可能性がある場合や精神に支障を来している人の場合がその例です。反対に重大なトラブルとは関係がないものにおいては、探さないと言われています。

探偵に依頼する場合に掛かる費用のタイプ

言うまでもないことですが、依頼する場合はお金を支払わなければならないです。費用ですが、成功報酬のタイプやパックで費用を払うタイプなどが挙げられます。成功報酬のタイプは着手金を支払い、探していた人が発見した場合に報酬としてお金を払うというタイプを指しています。このタイプの利用する場合における注意点は、どのような場合において報酬として支払うのかを理解する必要があることです。そのことから、成功報酬に関する事柄をきちんと聞いておく必要があります。あらかじめ時間や費用が定められているものがパックのタイプであり、1時間当たりの費用が決められているのが時間料金のタイプです。

料金が高額にならないようにするためには

人探しに掛かる費用が高額になるケースには、いくつかの場合が列挙されています。まずは、利用者と探す対象の人間の関係が疎遠になっている場合もしくは情報が少ない場合です。この状態で探偵に依頼すると支払わなければならないお金が増える可能性が高くなります。また探し出すのに掛かる時間が長いという場合も高額になりますし、人探しに携わる人間の数が多いことも然りです。安く済ませるためには、探す対象の人間に関する情報をなるべく多く知らせるようにします。また無料で相談できるところもあるので、そこを活用することも一つの手だと言えます。

まとめ

生きているかどうかの境目となる期間があるので、迅速に捜索に取り掛かることは大切なことです。また費用における注意点の他にも、信頼できるところであるかどうかの事前チェックをしておくことも欠かせないと言えます。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所は探偵の事なら何でも相談する事ができ、迅速で確実な調査によって確実な証拠を残す事ができます。特殊なカメラなど最新鋭の機材を使用して調査を行い、裁判でも有効な調査報告書を作成する事ができます。

HAL探偵社

HAL探偵社は浮気調査や不倫調査を業界最安値で行う事ができる探偵事務所であり、明朗会計で安心して調査依頼する事ができます。調査料金は調査終了後の後払いであり、成功報酬制なので確実な証拠を残す事が可能です。

TOP