失踪人の行方調査・探偵やり方及び期間について - 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

失踪人の行方調査・探偵やり方及び期間について | 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

alt_02

失踪人の行方調査・探偵やり方及び期間について

行方不明者の安否や行方を知りたいという人は、探偵に行方調査を依頼することができます。1週間~1ヶ月等の期間を決めて調査を実施することで無駄な出費を抑えることができます。実際の調査の内容や進め方などを見ていくことにします。

探偵が行なう行方調査とはどんなものか

生き別れとなった親や、突然、失踪していなくなった親の行方を知りたい人が、探偵に行方調査を依頼することがあります。依頼者自身も名前しか覚えていない等、情報が少ないケースも少なくありませんが、探偵であれば独自の経験とノウハウで結果を出してくれることが期待できます。人間は全く痕跡を残さず生活することは困難だからです。行方が分からなくなった人に、直接、接触することなく情報収集に留まるのであれば、比較的短期間で目的を達成することができます。先方にすでに新しい家庭や生活ができている場合は、コンタクトを取ることが迷惑となる場合もありますので、行方調査のみで終了する場合もあります。

調査の具体的な流れ及び調査期間について

対象人物が特定できた時点で調査は終了となります。延々と調査を続けていくことはできませんので、調査期間を2週間~1ヶ月程度で区切りを入れて、成果報告をしつつ料金精算をするといった形をとるのが無難です。事案の内容によっては、数日で完了する場合もありますし、本格的な調査が伴って1ヶ月程度かかる場合もあります。引越ししてしまって行方が分からない友人を探す事例であれ、氏名や旧住所が分かっていますので、聞き込みやデータベース調査ですぐに結果が出やすいと言えます。しかし、失踪人である場合は、張り込みや尾行などが伴いますので時間がかかる場合があります。

調査の途中報告および最終報告について

調査した結果、次のアクションの方針が当初と変更される場合があります。途中結果の報告の際に、別途、再提案するケースもあります。そのために途中報告は重要です。クライアントと密接に連絡を取りながら、調査の慎重を報告してくれる探偵事務所は信頼できます。特別に面会を希望する場合は、別途カウンセラーと相談しながら進めるなどの対応をとるケースもあります。仮最終の報告内容にクライアントが納得すれば、最終報告書を作成してプロジェクトはクローズされます。写真と文書で実施した調査の結果を報告書としてまとめて提出します。途中報告が充実している場合は、最終報告は連絡のみで終了する場合もあります。

まとめ

失踪人や生き別れとなった親の行方をしりたい方、探偵事務所の力を借りる場合があります。一般に行方調査は、先方の所在や安否が確認できた時点で終了となります。特別に面会を希望しないのであれば、他の調査に比べると短期間で終了する傾向があります。一定の期間を決めて調査途中で報告を都度、受けてその後の方針を軌道修正することで無駄がなくなります。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所は探偵の事なら何でも相談する事ができ、迅速で確実な調査によって確実な証拠を残す事ができます。特殊なカメラなど最新鋭の機材を使用して調査を行い、裁判でも有効な調査報告書を作成する事ができます。

HAL探偵社

HAL探偵社は浮気調査や不倫調査を業界最安値で行う事ができる探偵事務所であり、明朗会計で安心して調査依頼する事ができます。調査料金は調査終了後の後払いであり、成功報酬制なので確実な証拠を残す事が可能です。

TOP