探偵事務所に人探し行方不明者の捜索を依頼した際の費用相場 - 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

探偵事務所に人探し行方不明者の捜索を依頼した際の費用相場 | 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

alt_02

探偵事務所に人探し行方不明者の捜索を依頼した際の費用相場

大切な子供さんをはじめとするご家族が、いつも帰ってくる時間なのに戻ってこない。寄り道でもしているのかな、と思っていても、それが1日、2日と続いてしまえば、心配しない方はいらっしゃらないでしょう。そうした場合、いつまでも帰ってこないようであれば、行方不明者届けを、警察署に出すことになります。

行方不明者の捜索時に必要な探偵事務所の相場

事件性が考えられるケースでは、警察署も本格的に動いてくれますが、そうではない場合には、必ずしも積極的に探してもらえるとは言い切れません。そこで、行方不明者情報を新聞に掲載したり、街中でビラを配ったりなどといった方法で、尋ね人を探すことも有効手段のひとつです。行方が分からなくなってしまった方を効率良く探すには、探偵事務所などに依頼することも視野に入れておいた方が良いでしょう。その際の依頼料金の相場は、探偵事務所ごとに料金が異なるので、明確な相場を算出することは難しくなっています。あくまでも概算相場となりますが、行方不明者捜査依頼料金は、1ヶ月あたり1,600,000円台から3,000,000円台程となっています。この概算相場額は、捜査に費やした時間や日数、人数などによって大幅に異なってきます。

国内行方不明者は毎年80,000人以上にもおよぶ

警察庁が発表した平成27年の行方不明者、届け出を受理した数は、82,035人となっています。ここ10年間を遡って見てみても、その数は80,000人前後で推移しており、日本国内でも数多くの方々が、その消息を絶ってしまっていることがわかります。ただし、この消息を絶ってしまった方々の数は、あくまでも警察に届け出された人数となっているので、実際の行方不明となっている方々の実数は、さらに多くなっていると予想されます。警察署に行方不明者の捜索を頼んだとしたとしても、発見される人々の割合は30パーセント強となっているため、一度行方がわからなくなってしまった方を探し出すことが、いかに困難であるかということが、この数から見て取れると思います。

大切な方の行方捜索は、早めに手を打つ

万が一、行方が分からなくなってしまった方を探すには、できうる限り早い段階で、警察署に届け出を出すことが望ましいです。ただし、先にあげた通り、行方不明者届けが受理されたとしても、70パーセント以上の方々の行方が掴めていないといった現状があります。行方不明となってしまったご家族などを探す場合には、警察署へ捜索願を出したとしても、必ず見つけ出すことは難しくなっているので、身内の方ご自身で探そうとする方も少なくありません。しかし、消息を絶ってしまった方の発見確率を高めるためには、探偵事務所や興信所などといったプロに依頼することも重要になってきます。

まとめ

行方不明者を探すために、警察署に依頼したとしても、その発見率は30パーセント台強です。行方が掴めなくなってしまった、大切なご家族や身内の方を探し出す可能性をアップさせるためには、概算相場を目安として、実績のある良心的な探偵事務所などへ依頼するといったことも検討する必要があるでしょう。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所は探偵の事なら何でも相談する事ができ、迅速で確実な調査によって確実な証拠を残す事ができます。特殊なカメラなど最新鋭の機材を使用して調査を行い、裁判でも有効な調査報告書を作成する事ができます。

HAL探偵社

HAL探偵社は浮気調査や不倫調査を業界最安値で行う事ができる探偵事務所であり、明朗会計で安心して調査依頼する事ができます。調査料金は調査終了後の後払いであり、成功報酬制なので確実な証拠を残す事が可能です。

TOP