人探し行方不明者の事件性の難しさと対処の方法 - 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

人探し行方不明者の事件性の難しさと対処の方法 | 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

alt_02

人探し行方不明者の事件性の難しさと対処の方法

家族が行方不明になって、どうすれば良いか途方に暮れている方は、人探しのプロである探偵事務所へ相談してみましょう。警察への捜索願を出しても、事件性がないと単なる家出と処理されてしまう可能性があります。時間との勝負ともいわれている行方不明者の捜索は効率的に行動しなければなりません。

行方不明者の捜索の難しさについて

家族が行方不明となった場合に、事件性があると判断される場合は警察の捜索が頼りになります。例えば、誘拐されたり、何か別の事件に巻き込まれた可能性が認められるような場合です。失踪時の状況などから、自らの意思でいなくなった場合ではないと判断できる場合があります。このようなケースでは、本人の命に危険が及ぶ可能性がありますので、警察へ捜索願を出すべき事案です。特に未成年者の失踪については、公開捜査などが行われることもあります。但し、本人の素行に問題があって、単なる家出と判断できるような場合は、捜索は行われない場合があります。事件性がないと、警察の本格的な捜索は、期待できないケースが少なくありません。

どのように行方を探していくのか?

家族や友人など、個人のレベルで捜索をするなら、住居に残されている持ち物から手掛かりを探していきます。直近のパソコンの閲覧履歴などに手掛かりが残されているケースがあるからです。書き置きなど、誰か宛てのメッセージが残されていると行き先のヒントとなります。もし、携帯電話を持っていなくなっているなら、メールや電話でコンタクトをとってみます。呼び出しに応じなくても、電源が入っていることを確認できます。SNSへの書き込み等もチェックしてみます。失踪を匂わすような書き込みがあるかもしれません。本格的に探すなら、人探しのプロである探偵事務所に相談してみましょう。

探偵に人探しを依頼する場合について

行方不明であると判断できてから、期間が経過すればするほど解決が困難になります。個人レベルで行なう捜索には、自ずから限界がありますので時間をかけているうちに、ますます事態が困難になってしまう可能性があります。探偵に依頼することで、人探しのノウハウを持っていますので、複数のスタッフが多角的に行動していきます。具体的には、失踪前後の様子や人間関係を洗い出したり、携帯電話から発信されているGPS情報や、銀行預金の利用履歴などを調査します。周囲の聞き込みや立ち寄りそうな場所での聞き込みを行なうなど、個人レベルではとても対応できないような捜索方法を行います。

まとめ

行方不明者の捜索について、その難しさと探偵が行なう捜索方法の概要を見てきました。成人の失踪で事件性がないと判断されると、警察よりも人探し専門の探偵事務所に調査依頼をした方が良いケースがあります。長年の実績とノウハウが蓄積されていますので、早期に解決望むのであれば利用を検討することをお勧めします。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所は探偵の事なら何でも相談する事ができ、迅速で確実な調査によって確実な証拠を残す事ができます。特殊なカメラなど最新鋭の機材を使用して調査を行い、裁判でも有効な調査報告書を作成する事ができます。

HAL探偵社

HAL探偵社は浮気調査や不倫調査を業界最安値で行う事ができる探偵事務所であり、明朗会計で安心して調査依頼する事ができます。調査料金は調査終了後の後払いであり、成功報酬制なので確実な証拠を残す事が可能です。

TOP