探偵の捜査難易度が上がると料金にも影響します - 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

探偵の捜査難易度が上がると料金にも影響します | 人探し(家出人・行方不明者)は探偵にご依頼を|探偵料金比較ラボ

alt_02

探偵の捜査難易度が上がると料金にも影響します

浮気調査、不倫調査、家出人捜査など、探偵事務所によって調査内容が異なりますが、調査料金も違ってきます。調査には簡単なもの、難しいものがあり、それぞれの捜査難易度によって料金も異なります調査難易度が高くなればなるほど、費用もかさんできますので注意する必要があります。ここでは調査難易度が高くなる理由について紹介します。

最後に見た日から長い日数が経過している場合

探偵事務所では様々な調査を行っていますが、それぞれの調査項目ごとに料金が決まっています。そして調査が難航すると、後で追加費用を請求されることもあります。このように調査難易度が上がる理由は様々であり、その中の一つが調査対象者自身にあります。調査対象者に会えなくなってから、長い日数が経過している場合が挙げられます。音信不通である相手の捜査が難行してしまう大きなポイントは、最後に見た日から長い日数が経過しているかどうかです。20年、30年以上前など、会えなくなってから長い日数が経過していると捜査難易度は高くなります。20年や30年の間に、捜査対象者の容姿もずいぶん変わっていることが考えられるからです。上記のような調査を依頼する時は注意する必要があります。

相手が意図的に身を隠している場合

探偵事務所で調査難易度が高くなる事例として、相手が意図的に隠れている場合もあります。相手が意図的に隠れている時は、見付けるのに時間がかかる場合が多いです。この事例としては、海外旅行に行ったまま連絡がつかない場合や、借金取りに追われてどこか遠い場所に身を隠しているなどのケースが考えられます。このように捜査対象者が意図的に失踪している時は、捜査対象者自身が氏名、生年月日など変えていることも少なくありません。そのため捜査が難航し、必然的に捜査難易度も高くなってしまいます。この時は、調査の決め手になる重要な情報をいかに収集できるどうかが大切です。

相手と実際に会ったことない場合

捜査難易度が高くなる事例としては、捜査対象者と実際に会ったことないケースも挙げられます。このようなケースとしては、例えばインターネット上の出会い系サイト、婚活サイトで知り合った相手などです。出会い系サイトや婚活サイトでは、メールだけのやり取りを行う人も少なくありません。メールや電話でやり取りをするだけで、実際に会っていないと捜査難易度が高くなります。また会ったことがあっても、1回だけであればやはり難しい場合が多いです。その結果、捜査が難航して、利用料金が高くなることもありますので気をつけてください。

まとめ

探偵事務所で行う調査の中には、簡単なものもあれば難しいものもあります。探偵の捜査難易度によっては、捜査が長期化して調査料金が高くなる場合も少なくありません。そのため調査を依頼する時は、事前のカウンセリングなどで利用料金を確認しておくといいでしょう。

オススメ記事

原一探偵事務所

原一探偵事務所は探偵の事なら何でも相談する事ができ、迅速で確実な調査によって確実な証拠を残す事ができます。特殊なカメラなど最新鋭の機材を使用して調査を行い、裁判でも有効な調査報告書を作成する事ができます。

HAL探偵社

HAL探偵社は浮気調査や不倫調査を業界最安値で行う事ができる探偵事務所であり、明朗会計で安心して調査依頼する事ができます。調査料金は調査終了後の後払いであり、成功報酬制なので確実な証拠を残す事が可能です。

TOP